【ダメ絶対】剛毛くせ毛が失敗する髪型

豆知識

くせ毛さんが新しい髪型に挑戦する時、とても勇気がいりますよね。
くせ毛&剛毛で悩める管理人が今まで色んなヘアースタイルに挑戦してきた中でも群を抜いて地獄を見た髪型をご紹介します。
皆様は同じ失敗はしませんようにぜひご参考にしてみてください。

スポンサーリンク

人生で一番失敗した髪型

ボブウルフ(レイヤーボブ)
理想のボブウルフ

出典:Yahoo!JAPAN BEAUTY

くびれたひし形ヘアーで女性らしさもあり、レイヤーが入っているので軽い印象に♪
外ハネが可愛らしく、小顔効果&首を細く長く見せてくれるヘアスタイルです♪
「切りっぱなしボブに飽きたらこれ!」なんて言われている人気の髪型です。

なのですが、くせ毛(強)&剛毛でボリュームが出やすい管理人は大失敗

どうしてこうなったボブウルフ

ボブウルフ・・・??????
どうしてこうなった????
ギャグのような髪型になりました。
美容院を出た直後は可愛い髪型だったのですが、翌日にはこんなにな状態になりました。

失敗の原因

  1. 天へ昇る毛先
  2. 結局レイヤー全部ハネる
  3. 短いのでくせがマシマシ、寝起き爆発
  4. 髪が伸びてくると爆発する
  5. 縮毛矯正をやめていた

①天へ昇る毛先
くせ毛の性質上、肩に当たった髪が自然に外ハネしてくれるのでボブウルフにとってはメリットにも思えますが、剛毛くせ毛はハネ過ぎるんです。
毛先が外側に少しハネて欲しいだけなのに、ハネ過ぎで天を目指し始めます。
カットした直後はちょうどいいハネ具合でも、髪が伸びるとハネが天を目指し始めるので変な髪型になります。


②レイヤー全部ハネる
中段の内巻きでいてほしい髪が外にハネました。
上を向いたり頭を傾げたりすると肩に当たる部分がしっかりハネます。
くせ毛だとハネて欲しい部分だけハネさせるのは至難の技なようです。


③短いのでくせがマシマシ、寝起き爆発
くせ毛を短く切ると軽くなってくせが強く出てしまいます。
そのせいでレイヤーを入れるボブウルフは抑えるのが本当に大変になります。
そして縮毛矯正をかけていようがいまいが関係なしに朝は爆発します。
ショートボブよりもボブウルフの方が軽いので爆発の具合が桁違いです。
剛毛でキープ力もあるので直すのが一苦労なんです。


④縮毛矯正をやめていた
カラーリングして髪の傷みが気になったので縮毛矯正をやめてみたのですが、髪を短く切りたくなる衝動に駆られてボブウルフにした結果がこれです。
剛毛&くせ毛が縮毛矯正なしでボブウルフをすると本当に悲惨です。
うねる!ハネる!広がる!が今まで経験してきたレベルではないのです。

ボブボブウルフ
長めボブ

長めのボブで表面にレイヤーが入っていません。

くせが酷い

レイヤー入れまくり、内側もすきまくりました。

短い髪が多く、アイロンでもどうしようもないので常に結んで過ごす羽目になりました。
神業を持った美容師さんならくせ毛を活かしたボブウルフにしてくれるかもしれません。
ですが、なかなか出会えませんのでくせ毛&剛毛な方がボブウルフにしたい場合は縮毛矯正が必須です。
縮毛矯正をかければ、うねりや広がりもなくなるのでお手入れは楽で可愛い髪型が楽しめます。

ただし、1ヶ月もすると髪が伸びてくせでもっさりしたり肩のハネ具合が可愛くなくなります。
どんどん髪型が決まらなくなってきますので縮毛矯正をかけていてもボブウルフだとヘアースタイルをキープするのはとても大変です。

くせ毛&剛毛におすすめの髪型は?

ボブウルフはくせ毛&剛毛と相性が最悪だと熱弁してきましたが、逆にくせ毛&剛毛でも扱いやすい髪型はどんな髪型なのでしょうか?

やはり安定のセミロング~ロングだと思います。

「ロングだと髪の重さでくせが落ち着く」とよく聞きますが、本当です!!
管理人は「髪のちょっとした重さだけでくせが落ち着くわけがない」と長年思っていましたが、ボブウルフにしてみたところ、もともと緩やかなウェーブだったのが強く波打つようになりました。
短くするならボブで表面を重たくしておかないと爆発します。

逆にショートにしてくせ毛を活かすのもよくおすすめされていますが、

  • 美容師さんの力量が重要
  • 自分のスタイリング能力も上げる必要がある
  • 失敗すると修正しずらい
  • ショートが似合う人が限られる

などリスクが高いので「扱いやすい髪型」としてはおすすめしません。

まとめ

ボブウルフはカジュアルで可愛らしい髪型ですが、剛毛&くせ毛との相性は最悪です。
どうしてもボブウルフにしたい場合は縮毛矯正は必須です!

縮毛矯正なしならくせ毛カットを得意とした神業美容師さんにお願いしましょう。

ボブなら外側の髪を重たくするためボリュームやくせを抑えられてまだ扱いやすいですが、安定重視ならセミロング~ロングがおすすめです。

管理人は二度とボブウルフにはしないと心に誓いました。
やけくそで高いシャンプーを買ってしまいました。

タイトルとURLをコピーしました